その時羊は鳴いたのさ

自分の記憶の補完のためのメモ置き場。伝えることが苦手。

えび座ってきました。

今回のABC座「株式会社応援屋」、昨日行ってきました。

夜行バス明けの回らない頭で感想を。

ネタバレがっつり。あんまり覚えてないけど。

今回は初心に返って一回しか見ないって決めて行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず最初。びっくり(笑)

いきなり「株式会社!応援屋!株式会社!応援屋!」って言いながらJrや女性アンサンブルさんが出てくる。

で、えびが今回の基本の衣装(グレーのチェック?千鳥格子?のジャケット)で出てきて、テーマソングみたいなのを歌う。

はしもは髪の毛がしゅっとしてて、とっつーは短髪、ふみきゅんサラスト、塚ちゃんちょっとぼさぼさ、五関様は真ん中分け固めず前髪だけちょっとうねっとしてて流す感じ。(のちに固められてなくてよかったと思う)

ご丁寧にストーリーについての説明が入る。

はしもが「この舞台はうんたらかんたら~」って話してる時の五関様の「ふん。ふん。」っていう相槌ね…ここだけでまずぐっとくる。

 

本編が始まるとコンビニの場面。逐一登場人物のことを説明したりしてくれるから関係性、人柄がわかりやすい。

ジョー(とっつー)めっちゃ顔がかわいい。短髪大正義。

ふみきゅんは帽子かぶるからサラストだったのね。眉毛の気合の入り方が亀梨くんみたい。

腐れ縁インザレインはとってもかわいい。振付も歌詞も。背中合わせになったり、おんぶしたり、ふみとつ好きな人にはたまらないんだろうなと思って見てた。

傘使う演出好きだな~。

 

突然スーツのはしも登場。なんか固そうな役だな…??

コンビニに傘買いに来た時もちょっとよくわからん挙動だったけど、電話越しの「多部と荒木が入社しますんで」みたいなセリフも最初はわからんかった。

全部終わった今ではわかるけども。

役名覚えて入った方がいいよって話ですね。

五関様が桂馬さん、塚ちゃんがくりくりってことはTLで薄目で見てたけど、そのほかの情報は入ってこなかったし、ジャニ舞台って大体役名=本名だからちょっと油断してた。

 

それにしてもふみきゅんはやな奴の役を当てられがちだな…?

サターンもやだったし、今回の修也もやなやつじゃん…毒舌と暴言は違うからな…

というか結局修也が教師だったことがプラスに働くことはこの舞台上では描かれてなかったな…?私が見逃しただけかな。

 

ジョーはとっても共感できるところもありつつ、幼馴染にこんな人がいたら心配になって熱く説得するわな…と思うような人柄だね。

プロ野球には興味がない。俺が好きなのはあくまで高校野球」みたいなセリフに激しくうなづいてた。

コンビニのバイトでも好きな時に休めるようになってるから現状維持でいいんだ。っていうジョーの気持ちめちゃくちゃわかる。

応援屋に誘われた(半ば巻き込みだけど)ジョーがキラキラした目で「応援屋、ぜひ入社したいです!!お願いします!」って言ったとき、やりたいことが見つかってよかったね、って気持ちに。

とっつーの嬉しそうなときの演技は本当にうれしそうだし、やる気に満ち溢れてるように表現ができるのは本当にすごい。

 

いしけんが応援屋に入ってきたとき、はしものクールキャラ、ありがとう。という気持ちにしかならなかった。めちゃくちゃかっこいいし二次ヲタは好きだと思う。

なんかこう、無条件にぐっとくる。

とっつーでもなくふみきゅんでもなく五関様でもなくはしもがやることに意味がある役柄だったな。

ゆとりを通り越してさとり世代とも言われてる20代前半で、今はやり(?)の若手起業家ね。茶髪のイケメンってところもラノベみたいで最高。

淡々としゃべるはしもは本当にかっこよくて痺れる~~~♡ってメロメロですわ。

でも本当は冷徹なんかじゃなくて両親を亡くしてて愛に飢えてるお子だった。

いる!!そういう設定の人いる!!!!

不器用さがいとおしくなってくるタイプの子だ…と勝手に熱くなってしまった。

 

なんだかんだで二人が応援屋に入って、桂馬さんのストーリーへ。

桂馬さん、なんだよ!!!!棋士って言ってたから和装かと思ってたら革ジャンじゃん!!!

照れるわ!!!!ズボンの幅余り過ぎだわ!!!太って!!!

めちゃくちゃスタイリッシュでかっこよかったです。

そして一番最初に出てくるのが飲んだくれてるシーンって。最高かよ。

大して年が離れてないくりくりに対してすごくお兄さんぶった口調でしゃべってるのがかわいい。ドキドキする。

最初は好意的なのに将棋の話になるとどんどん不機嫌になってって、強制的にお話を終わらせちゃう子供っぽいところもあって今回は人間味にあふれてる役で嬉しい。

実は天然、酔うとちょっとめんどくさい子って設定めちゃくちゃかわいい。

小さいころから将棋の道しか通ってこなかったら井の中の蛙になっちゃうよね、仕方ないよ…でも一回の負けでそんなに自分を卑下しなくてもいいのに、と思った。

でも将棋ばっかりやってて冷静な人かと見せかけて小6のときに小4の人に負けてめちゃくちゃ悔しかったっていう桂馬さんはよかった。

キャタナに負けてもうヤダってなってる桂馬さんにはもうちょいがんばれよ!大丈夫だよ!ってくりくりと同じこと思ったけど。

 

その対極?というか、同じように将棋をやってたけど勝てなくてやめちゃった子が塚ちゃん演じるくりくり。

この子も愛しくてな…小4で桂馬さんに憧れて将棋の道に進んだけど年齢制限に阻まれてやめちゃった子。

そんで引きこもりになっちゃった静岡のボンボン。

趣味は筋トレとDJ。このDJって設定がわりとツボで、小ネタはさんでくるのがたまらなかったなあ。

車に乗ろうとしたとき、音楽を爆音でかけすぎて簡単に車に乗れないところとか、恐る恐る開けて爆音が流れてこなかったときにふう。って胸をなでおろすところとか。

塚ちゃんの細かい演技が可愛くて好き。

人の心はマスマティックス?のときの後ろでDJやってるのがめちゃくちゃツボ。

そこでぶっこんでくるんかーい!

 

将棋BANGの音楽めちゃくちゃおもしろい。天才少年なんたらセンダガーヤ。

今回の音楽って割と同じようなリズム、単純なリズムが多いから耳に残りやすいんだよね。繰り替えされるし。2回くらい入ったら曲覚えちゃうんじゃないかな。

 

桂馬さんに「将棋やめないで!もう一回キャタナと対戦して!」っていうときのくりくりの必死さに泣いた。

塚ちゃん演技めちゃくちゃ上手になってる。

塚ちゃんの必死な時の演技って心にグッとくるんだよねえ。

あの懇願を振り切れる桂馬さん強い。

 

応援屋が応援してる人たちの中に塚ちゃんを入れてきたり、去年のえび座のプラネッツを入れてきたりするの、オタク心を分かってくれててあったかいなと思った。

そしてただただ一途に応援する応援屋に絆されて一緒に楽しくタンバリン叩いちゃう桂馬さんかわいい。

一人ずつ目配せしながらリズムをとってるんだけど、とっつーとだけ目を合わせなかったからその後とっつーがめっちゃ五関様を見てたのがおもしろかった。

桂馬さんは結構頑固だし、人の意見で簡単に自分の意見を変えない、芯の強い人だなと思った。

だからこそ「桂馬の桂馬」で勝ち進んでこれたんだろうし、一回の敗北、しかもコンピューターに、で悔しくて自分の今までやってきたことを否定されたみたいで嫌だったのかな。

 

デジタルボーイズたちは髪の毛の色もほぼみんな明るくて、みんなスタイルがよくて、ずるかった。あんな集団そりゃメディアが取り上げて騒ぐわ。

そして本人たちも調子に乗るわ。しょうがない。

京がONEZEROの肩をずっと揉んでたのがかわいかったのと、那由他の底抜け明るいキャラが際立ってかわいかった。でも那由他途中でキレたよね。そういうギャップも好きよ。このストーリー、オタクが考えたのかな?ってくらい二次ヲタに優しくてグッとくる設定が盛り込まれている。

ONEZEROがすごい権限持ってそうだし、偉そうだったから一番できるんかな?って思って見てたら一番無能って言われてて笑った。ポンコツみゅうみゅうかわいい。

この人たちの持ち歌もかなり耳に残る曲だった。ワンゼロイチセンリンケイナユータ(うろ覚え)

トラジャのパフォーマンスってあまり見たことがなかったけど、ダンスうまい集団と言われてるだけあってキレッキレで素晴らしいフォーメーションダンスだった。

個々でもちろん少しは癖があると思うんだけど、そうではなくて集団での美を追求してる感じの揃い方。

 

シン↓ドイ↑シン↓ドイ↑シン↓ド↑バット↑↑(メモ)

社長がシンドバッズにはまって地蔵やってるって話のところは気まずかった。

がちおたでごめんな。

 

将棋会館の前、もう一度だけキャタナと対決してくれってくりくりが頼みに行くところ、サスケネタがあって面白かった。

 なんだかんだでくりくりにも将棋の人以外の知り合いが出来て、働きたいと思える職場ができて、よかったね。

 

ってところで一幕が終わって。あっという間だった。

そして五関座と聞いていた私はんん?ってなった。

桂馬さん飲んだくれてタンバリン叩いてしかなかったぞ…?

 

でもすべては二幕に詰まっておったのですよ…

 

二幕、始まりはまたA.B.C-Zという形で出てきて、一曲歌う。

今回曲がジャニーズっぽくなくて新鮮。全然覚えてなくて悲しい。

 

社長と専務のなれそめ、子供ができて死別、までをゆみこさん目線(Withいしけん、修也)と社長目線(Withくりくりジョー)で同時進行しながら打ち明けられる。

いしけんが少年みを帯びていくのがかわいいし、人間らしく感情を明かしていくのがよい。

以前顔見知りだったこともあって修也がいるとゆっくり過去のことを明かしてくれるゆみこさん。静かに聞いてくれる二人だからこそ打ち明けられたのかな。

ここでもとっつーの優しい目線と声の演技が際立つね。社長側に戸塚田を付けたのナイスキャスティング。社長もあったかいし戸塚田もあったかい。舞台全面があったかい。

塚ちゃんも時々うかがうように社長を見たり、微笑んだり、悲しそうな顔をしたり、表情の演技が見てて飽きないな。

 

でもここ、導入のところがめちゃくちゃ衝撃で、なぜか応援屋のオフィスに筋トレマシーンが置いてあって。(くりくりが買ったんでしょうね)筋トレシーンから始まるの。

やばい。何を見せられてるんだ感。

戸「筋トレ興味があるんだ」

塚「じゃあ一緒にやろう!筋トレをするにあたって、まず服を脱ごう!」

戸「なんでだよ!」

塚「人と会話するときは顔を見て会話するだろ?筋トレをするんだったら筋肉の顔を見てやんなきゃいけないんだよ」

戸「よし分かった!」

(わかるんかい)

で、上半身を脱ぐ(筋肉めっちゃ仕上がってて胸筋が最高)

塚「下も脱いで!」

戸「し、下も!?なんで!」

(何を言っとる)

塚「友達と話すとき目だけ見て話す!?服とか下も見るでしょ!」

戸「そういうことかー!」

ベルトをカチャカチャやりだす

塚「わあぁぁ」止める マジで焦ってた(笑)

なんで?みたいな顔で塚ちゃん見るとっつー

塚「後で見せてね」

でおわり。なんだこれ。

そのあとも二人で腕立てをするんだけど、「いいね~!もっと負荷をかけよう!」とか言って塚ちゃんがとっつーの上に乗るのね。

その時の塚ちゃんの塚田ZONEが気になってしまったのは私だけではないはずだ。

恐ろしいよ戸塚田…

 

またバーの場面になるんだけど、その時桂馬さんべろっべろに酔ってるの。

上機嫌で「あっ!いしけんくぅーん!!」とか笑顔で言うし酔っ払いがやるみたいな敬礼をしたりするの。ウルトラかわいい。

うちのばーちゃんの名前が「すぎ」で、妹が「おすぎ」って話でケラケラ笑ってたと思ったら「俺のこと心ン中では笑ってんだろ」とか急にキレだすし情緒不安定な酔っ払いかわいい。

いしけんくんの必死の説得により胸の内を話していく桂馬さん。

「俺は頭がよかった」って自担にきっぱり言われるの最高。

推しのあべちゃんにも言われたことあるし私は幸せ者だ…

立ったままで丸いテーブルにもたれかかったり側に立ったりしてる桂馬さんはそれだけで絵になる。スタイルがよすぎる。

座っても太ももに肉を感じなくて、切実に太ってください。

からのダンス。裸足で。

一言も発しずにただただ床をごろごろしたりうねうねしたりする五関様が得意な表現するダンス。

やっぱりこれがないとえびの舞台じゃない感ある…去年も鎮魂のダンスしたし、ジャニワでも悲しみに暮れるダンスしてたもんな。

五関=ダンスっていうのは今後もずーっとゆるぎないものであってほしいな。

途中のこちらに手を伸ばすシーンがステフォになってたのは事務所ありがとうわかってる!!!!って思った。

えび座ってステフォが普通のフォトセサイズだから嬉しいよね。ドリボもそれだったらなあ。

 

記憶がないんだけど、なんだかんだで桂馬さんはキャタナと戦うことに。

そのときの晴れ晴れした表情よ。ウキウキしてるようにもとれた。

ここで五関座発揮かーーーと思ってたら応援屋は失踪したゆみこさん探しに行くっていうやん。

ハ!?桂馬さんの応援は!?!?って思った。

「つらくなったとき、僕達が見えたらそれは気持ちです!!!」ってくりくりあたりが言ってたけど実物が応援に居ろし。って思っちゃった。

でも桂馬さんにはそれでよかったんだなあ。みんなの気持ちがあれば。

天才棋士って言われてても、心のどこかでは不安がいつもついてまわっていて。

一回の機械による敗北で心細さが前面に出てきちゃったんだろうな。

そこをくりくり、いしけんが励まして、後押ししてくれることで自分にもできるかもしれない、もう一度やってみようって前向きになることができたのかな。

言葉をもらったから心はもう大丈夫なのか。

 

なんかよくわからないけどいしけんくんから刀を授かった桂馬さんはそのままステージの二階へリフトで上がっていって、対局シーン。

ここの背景よ。

桂馬さんどこでそんなん習ったの!?駒を口にくわえるなんてそんなやらしいこと!!!

レポでも流れてこなかったから危うく見逃すところだった!

不敵に笑いながら桂馬を軽くくわえてる桂馬さん・・・桂馬の桂馬…桂馬の桂馬…

 

桂馬さん側の駒は黒衣装、キャタナの駒役のデジタルボーイズたちは青の電光板を胸に光らせながら殺陣。

桂馬さんは上にいて考えながら指してるんだけど、不利な状況なんだよね。

ついにご本人が降りてきて殺陣をすることに。(不思議な世界観)

そのときの降り方がさあ!SLTの1st Stepのときみたいにポールを滑り降りてくる感じで。んもーどこまでもスタイリッシュなんだから!好き!

一人対デジタルボーイズ(正直双眼鏡で五関様だけ追ってたから私にはそう見えた)で、最初はがんばって戦ってたんだけどやっぱり不利になってきて。

ONEZEROとミリオンに追い詰められるの。

その時の、目を見開いて絶望した顔。好き。

もはやここまでか、と悔やんだその時将棋の駒衣装(???)を身にまとった応援屋メンバーが。

一時は持ち直すんだけど結局また不利な状況に。でもなんだかんだあって(忘れた)桂馬さんが覚醒して、なんか勝つ。

もう桂馬さんの太刀筋を必死で追ってたらストーリーが全然入ってこなかったよ。大切なシーンなのに。

最期はONEZEROとミリオンをかっこよく倒してガッツポーズ。

このときの嬉しそうなお顔よ!!!守りたい!!!!

 

みほちゃんの現場に行くゆみこさんとそこで合流する応援屋、社長たちだけどそこに白馬で登場する桂馬さん空気読めな過ぎでは…?私がゆみこさんだったらブチギレてる…

んで「勝ったぞ!俺も応援屋入れてくれ!」っていう桂馬さんマイペースすぎる…

そしてちょくちょく出てた野球部たちはここで存在意義を明かされるのか…

応援の循環ってすごいいいことだと思う。いいお話だったんだけども。

うん。

 

ちょっと入れるスペースがなかったからここで今回の五関様の役どころについて書こう。

今回五関様はめちゃくちゃ人間味の強い役で。舞台上で一番自分を出す人。

だからこそいろんな表情が見られて。

眉間のしわが深く刻み込まれた険しい顔、普段は絶対ないようなへらへら笑ってる顔、久しぶりの知り合いに会ってほっこりしてる顔、驚いた顔、苦悩してる顔、怒ってる顔、ひとつ目標を達成してすがすがしい笑顔とか。

普段から表情に乏しい自担のくるくる変わる表情を見られるのはいまのところこの舞台だけだから、この役を五関様にくれたことは錦織さんに感謝しなきゃだ。

途中ほんとに少年漫画の主人公みたいで、仲間からの見えないパワーを与えられて覚醒するみたいな感じでアツかったもん。

 

 

幕が下りて、社長とゆみこさんが出てきて、どうでしたか!?とかカテコみたいなの始める。

そしたらデジタルコープスの人たちとみほちゃんの友達と野球部が出てきて「僕たちも応援屋に就職させてください!」「いいよ!!!ついでにこの会場にいる人たちもみーんな応援屋に採用だ!」って言われて「株式会社、応援屋!株式会社、応援屋!!!」って叫ばれる。

ここでなんかわかんないけど涙がめちゃくちゃ出てきた。

あんなに真正面から大きい声での圧倒的応援をされたことがないから。

ハッピーオーラがすっごくて。Jrくんたちも女性アンサンブルさんたちもみーんな笑顔でパワフルで。

応援してるのはこちらだし応援させてほしいのはこちらなのにすごく元気づけられた。

パワーがみなぎってた。

 

Jr君(誰か忘れた)が「僕たちが今一番応援したいグループ、A.B.C-Zです!」って言ってショータイムが始まる。

確かえび座のオリジナルの曲から始まったと思う。

えび座のショータイムってつなぎが最高で、今回ももれなく最高だった。

MWからのFRってこんなんになるの!?って感じ。

オシャレオブオシャレ。

シャワゲのイントロで五関様が弟を操るやつ、ダンス自体もめちゃくちゃ好きなんだけど、最初は固い表情でまじめに踊ってるのにとっつー操るあたりから表情が緩んでいって、ふみきゅん指さすときにはふわっと笑ってるのがとても好き。

いつもなんだよ。見てほしい。

Jrくんたちはせんまい足場の階段で踊ってるんだけど、一人ひとり個性があっていいね。

みゅうとくんはなんか無機質な感じで踊っててドキッとした。初めて見たあんなみゅうとくん。トラジャのみゅうとくんはあんな感じなのかな。

たぶん朝日くん。一番右端の上にいた子の踊りの癖がめちゃくちゃ強くて笑った。

ほんとはもっと見ていたかったけど自担見なきゃ、って我に返った。

やまりょさんは自分に浸ってる感じで楽しそうに踊ってたし、のえるくんはこの舞台に立つのが楽しいって感じだった。

楽しそうに踊る人本当にいい。好き。見てて気持ちいいし応援したくなるもんね。

そうだ、Fantastic rideのはじまりでウインクした五関様、捉えられてよかった。

アイドルやってる五関様がみられてよかった。よかった。

一人だけめちゃくちゃ楽しくなって首ぶんぶん振ってるのもいいし、階段の上で王子様然で佇んでるのもよかった。

MWかなんかの最初に「ああああっ」って叫んだとっつーには驚いた。

一現場一ドッキリかよ。最初何かと思ったわ(笑)

 

えび座の最後は幸せに包まれながら終われるから終わった後も気持ちがいい。

すがすがしい気持ちで日生を後にできる!

 

たくさん応援してもらったし、明日からがんばらないとな。

SLTについて。

8月の代々木、10月の大阪城ホール終わって、SLTについておはなししよう。

なんか結構あっさりというか、マイナスな意見とかもあるので嫌な人は見ないでね。

 

 

こんなこと言ったらおいオマエって感じになると思うんですけど、8月、キスマイのすぐ後ということもあって切り替えができずに全力で楽しみ切れなかったところがあったかも。

私はハッピーでポップ、もしくは俺ら世界最強のえび曲が好きなので、ぶっちゃけ今回のアルバムは好みではなかったんだよなあ。

発売しても聞く気にあまりなれなくて、I SCREAMの方ばっかり聞いてたんだよね。

その前に五関様以外には舞台のお仕事があって、五関様はきっと振付がたまってたから露出を控えてたんだろうと思うけど、そういうスタンスも嫌で。

五関様はアイドルなんだからひとりで全部振付することないのに、パフォーマンスが見たいのに。って思ったりしてた。

そこに追い打ち(じゃないけど)をかけるようにメンバーからの暇発言もあって。(過敏になりすぎてる感はあるかもだけど、メンバーはわかってるはずだからそういうことは言わないでほしかった。)

ちょっと距離を置いていたんですよね。

 

今回ありがたいことに自分の名義でアリーナが当たったため、入ってみたらまた熱がぶり返すかも。と思って入ってみた。

結果、代々木後はえびに対しての熱は少し盛り返したかな~くらいだったけど、パフォーマンスする五関様を見られてとてもうれしかった。

やっぱりこの人が好きだな、と再確認した。

代々木後は渚の亡霊になって、そのくらい。

大阪、行くか迷ったけどライブがしばらくないことを考えると行っとかなきゃと思い行く。

スタトロが肉眼で見える位置だった。初めて遠くでえびを見ることに。

結果これがよくって、えびのコンサートってスタンドから見た方が楽しい。

今回はわりとバクステ使ってなかったかな、と思うのでスタンドからの方が人にかぶらず自担を追えるし。

クロバットダンスもきれいに見えるし、私はスタンドから見るえびが好きみたいだということに気付いた。贅沢な検証だ。

 

 

以下セトリ順に覚えてることを。代々木大阪まるっと

記憶がないところが多々ある!ガーン!

 

☆Take a''5''Train

まさかの登場方法に驚き。一曲目これは盛り上がれるし良い!

アイドルを見上げることってなかなかないからすごく新鮮だった。

眺めがいいだろうな、と思って見てた。

 

☆今日もグッジョブ

センステでちんまり首かしげる振りからなのかわいい。

この振りたちが五関様から生み出されていると思うとたまらない。

塚ちゃんがれみしゃ五関様みたいなことしたのびびった。

 

☆Fantastic Ride

出ましたふみきゅんの「ここでこの曲!?!?」セトリ。

前の曲ガン無視でダーンって入れてくる感じ!びっくりする。

 

☆EVERLASTING LOVE

☆僕らのこたえ

ここ記憶がない

 

☆PIRIOD

まじでか!?って思った。

これは舞台だからこそ映える曲じゃないのかな…?

かけあい好きだけれども…

 

☆Revolution

とっつーのあの声で「悩み~」ってはじまり、草原に風が吹き抜ける感じでハッとさせられる。爽やかすぎでしょ。便秘薬のCMにどうですかね。

まさかみんな単独で飛んでくるとは。

でも「イエーー」で飛ぶの二次元過ぎる…胸熱…ピーターパンかと…

今回最後の大技ない代わりにたくさんフライングあったのかな。

この曲は楽しいし参加型で好き。

フライングしてる五関様が空中で歩いてるのかわいかった。

 

☆V

この曲の間奏好きなんですよね。

ダンスのこと何もわからない私でもグルーヴに乗ってる!って思わせてくれる振りだったから見てて気持ちがよかったし、自然と笑顔になれたな。

今回ずっとギターじゃなくて踊ってくるのがいい!

らぶつんたちが楽しそうなのもいいよね。Jrちゃんは楽しそうに踊ってなんぼだよ。

でも大阪2日昼の登場はおったまげたよ。とっつー。

ある意味期待を裏切らない男戸塚祥太が出てきたよ。半裸で。

しかもどうするのかと思ったらそのまま踊るしJrのケツを追い回すしもうwwww笑うwww

 

☆To Night's love

これはもう何も。ただただかっこいい。

「もう恐れないで」って曲に入ったとき涙がぶわっとあふれ出てきた。

静かで五関様だけの空間なのに「やばーい…」ってギャルみたいな声出た。

雑誌か何かで「今回のソロはこなす感じで踊る」って言ってたからヤダって思ってたの。

私の中で「こなす」って言葉があまりいいイメージなくて。

せっかく踊れる人がガシガシ踊らないとかもったいないと思って。

でも実際見たら「こなす」とは…?ってなった。

Jrをたくさん従えて指パッチンだけでJrと光を操って。

最強の闇の使者やないかい。かっこいい。

たぶんこれはスタンドから見たらお顔が見られないんだよね。

花道横で見られたから貴重なお顔が見られて。とてもありがたかったんだけれども。

険しいお顔で花道を歩いて行かれたよ。

衣装はとっつー経由でイノッチからおさがりもらったらしいけども、ぴったんこだった。

シルエットめっちゃ綺麗。

五関様のセンステでのパフォーマンスは間違いがないからな。絶対的にかっこいい。

でも今回も背中にKoichi.G(だっけ?)って書いてあったのは笑ってしまった。

衣装には名前かかなくても誰も取らないよ、晃一くん。

大阪で上から見るセンステ五関の舞はね、右側も左側もちゃんと見せ場を作って、どの方向から見ても不利ではないようにしてくださるというありがたき配慮を感じられた。

あとターンするときに汗が舞ったの。キレイだった。

 

たしかここでメドレー

五関様が出てきて、センステで祈りの舞みたいなのするところの美しさよ。

そして大阪で気付いたんだけど、みゅーとくんの顎を撫で上げる仕草をするのね。

その時の冷徹で美しいご主人様と初心な召使見習いくんみたいな構図がめためた二次元だった…あそこちゃんと横から映像化してくれよな。

みゅーとくんの表情も入れろな。

 

☆Secret Lover

「忘れないよSecret lover」のところの振りが好きだ~

最期のシーって決めポーズも好きです。

 

☆雨上がりに手をつないだら

歌終わりの後ろからレインボーの光に照らされてシルエットになるえびの戦隊もの感~!

強そう…感動した…

アレ考えた人天才

 

花言葉

生で見ても薄いジャケットの翻りがきれい。

 

☆DREAMIN'!!

好き~~!今回のアルバムで一番好き。

振りもかわいいしこちらもできるような簡単な振りでかわいい。

ステージを回らせず、自分たちの足で歩いて回るところがかわいい。

「深夜、零時 の 鐘を~」ってところが好き。

 

☆ざえび

やっぱりこれがないと!感はある。

まさかの逆輸入でジャガーズのネタをやってきたのは笑った。

 

☆ずっとLOVE

好きだから入っててくれてうれしい~(;;)ただ記憶があまりない

塚ちゃんが「ずっと一緒だよ~!」って毎回言ってくれるのに毎回泣いてた

 

☆S L Boy

来た…と思った。そして案外チープなつくりの白馬笑った。

萩谷君の布さばき笑った。

なんで最後飛んだ。めちゃつっこみどころ満載だった。

でも大阪の夜空のむこうには泣いた。

 

☆バンバンッ!

関ジュ曲(大阪限定)

めちゃくちゃかわいいし、ライブで楽しい曲だよね~!

ハッピーな時間が流れてた!

☆Masterpiece

☆SEVEN COLORS

らぶ曲。(関ジャニ曲)

らぶつんはガシガシ曲が似合うな。

この時のあらんちゃんのお衣装、だるだるで萌え袖で好き。

大阪のときストールが腕と同時にばっと上がっちゃって、鬱陶しそうにする顕嵐様がよかった。

みゅーとくんが最後列にいるときの安定感。

 

☆Natullary

記憶ない

 

☆1ST STOP

かわいいねえ…爽やかでいい。

階段ではしもを通す五関様がかわいかった。

箱に乗ってリズムに乗るふみきゅんにバブみを感じた。

 

☆SUMMER上々↑↑

大阪でもまさかこれやるとは。

まあボール投げ曲だからなんでもないんだけど。

 

☆渚のBack in your heart

これ!!!まさか!!!やるとは!!!!

そんなに人気曲ってわけでもないと思うし、去年限定の曲だと思ってはなから入る期待はしてなかったので曲紹介されたとき声出た。周りは静かだった。

しかもそのとき、私の目の前で五関様が用意しだしたから余計に混乱。

最初の「好きだよ、痛いほど」は地上で(だったと思う)次は徐々に上がりながら(だったと思う)

メンカラの風船に乗ってどんどん浮いていく五関様マジファンタジー。

大好きな曲を大好きな人が目の前で歌ってくれるとかもう今後一生ない。

恋する乙女のようにうちわを顔の前で構えつつ両手で持って泣きながら見てた。

本当に幸せな時間で、終わってほしくなかった。一生渚のを繰り返してほしかった。

私の中の渚の亡霊は成仏するどころかますます深く根付いてしまったのであった。

大阪の五関様は片足をあげていて人生にくたびれたイケメン風でそれも最高だった。

長い足をきゅっと縮めて狭い腰かけの中に収めつつワイヤーにもたれかかって歌う五関様は完全に私のことを過去のことにしている男性だった。(???)

「今でもBack in your heart」って言いつつ自分の心の中にはもう私はいなかった。

でも私は渚の五関様に囚われてるんだよ。これはいつまでたっても解放されない。

何を言っとる。

 

☆へそのお

渚ので魂抜かれた私はこの曲で魂を引き戻される。

というか本当に聞いたときから衝撃だったしどんな演出してくるかとっても楽しみだった。

まさかのアカペラ。しかも一緒に歌ってね方式。

でもちゃんと一緒に歌ってあげるえび担みーんな塚ちゃんの母か…?

大阪ではひろみガッキーの演奏があったからもっとしんみりしちゃった。

代々木ラストはまさかのラララ×3くらいしたあとに連続バック転。

塚ちゃんの頑張りに弱い&ちょうどバク転の終り付近にいた私大号泣

 

☆Crazy about you

これめっちゃくちゃおしゃれ…

はじまりも間奏もサビも全部おしゃれ。THE・はしもって感じ。

バクステから舞いながらメンステにくるのすごいキレイ。

えびってソロでもメンステ~バクステまでステージを広く使ってくれるね。

センステで踊ってるときは強くて大人の男性なの。

 

☆映像からの日替わりメドレー

代々木のときは二回とも同じメドレーだった。ラブレターからの。

大阪はTomorrow-Crazy Accel-In the name of loveだった。

正直Smiling Again-メクルメクーDesperadoのメドレーも聞きたかったけど、メクルメクとスマアゲ聞いたら2015年亡霊がより根強いものになったからよかったと思おう。

映像が五関様にカードが張り付くやつだったからよかった!

 

☆Rock your world

これ踊ってほしい曲だったからライブでやってくれたの嬉しい。

トランポリンという新しい試み、めちゃくちゃかっこよかった。

塚ちゃんの成功を見られたのは代々木ラストだけだったけど、大阪昼は連続での失敗はダメだよね!って言ってもっかい挑む塚ちゃんに塚ちゃんの頑張りに弱いおばさんは泣いた。がんばらなくてもいいのに!

最期に土下座をされてしまったのも本当に心が苦しかった。いいのに。

 

☆GREAT5

これもっと聞きたかったよ~~~!

でもライブでレッツゴー!言えたからよかった。

 

☆Finally over

高まりすぎて記憶ない。

 

☆Fly a Frag

私実はこの曲知らずに行ったんです。

そしたらしょっぱなから五関様はエロイわ歌詞メロディがアニメのOPみあるわでなんだこの最高の曲!?!?ってなりました。

聞けば屋良君の振付らしくて。五関様とはまた違った感じの振付ありがとう。

五関様の振付が嫌なわけじゃないしいろんなレパートリーがあってすごいと思うんだけど、やっぱりたまには外部に頼みなね。

超絶かっこいい、私の好きなA.B.C-Zがそこにいた。

ライブ後半でこんなん持ってくるとかドМ。

 

☆世界一

代々木では「ああ、終わるんだな」くらいの気持ちでスンとしていたのだけど、大阪では悲しくて、終わってほしくなくて、ボロボロ泣いてしまった。

はしもが始まる前に「やらっちの振付は厳しいです。つらいです。みんな言わないけど。でもみんなに見てほしいの。こうやってA.B.C-Zみんな頑張ってるから、だからみなさん死ぬまで応援してください」って言ったの。

素直につらいですって言ってくれるジャニーズなかなかいないよ。守りたい。

それをお兄ちゃんたちは何も言わずにすんと立って聞いているの。

やっぱり推したいなって思った瞬間だったかな。

 

☆えびらぶ

スタトロだったから、代々木のときはひたすら叫んでたのとJr見てた。

えびらぶはやっぱ外せないね。楽しいもん。

大阪は次から次へとえびたちが来たからやばかった。

みーんなキレイ。ライブ終盤だというのに目が強い。

ワイヤーが頭上にあったからみんなそれを気にしながらくぐってファンサして、って忙しそうだった。

 

☆今日もグッジョブ

記憶がないな…

 

☆Shower Gate

ラストのみ。

しゃわげっていい曲だなって改めて思った。

イントロからハッとさせられる。

 

 

あれだ、舞台ならともかく、初見のライブ現場をかぶらせてはいけない。

ひとつ学んだ。

今年のキスマイライブは本当にいろいろな面でくらったので余計に。

気を付けていこう。

 

えびは今後ゆるっと推していきたいな。

とかいいつつ、えび座が今年は五関座らしいから数日後にはえびやっぱ全力で推す…とか言ってそうで、言ってたら笑ってください。

DREAM BOYSはすごい(ネタバレしかない)

今回ありがたいことに2回観劇させてもらえました。

普通にラストのネタバレ・・・というか公演すべての内容を話してるのでまだ見てない方は見ないでね。

私の思ったこととか、忘れたくないことを留めてます。

記憶を改ざんしてる可能性があるので、違ったとしてもスルーしちゃってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずラストのお話。

新たなバッドエンドとか、悲しい結末とか聞いていたけど、私としてはそうではないと思ったなー。

去年まではケントは病室でひとりで思い出の曲を歌って、泣きながら逝ってしまった。

しかもユウタとは死者の世界でしか和解ができなかった。死ぬことによって弟に心臓を提供することはできたけれど、3人で気持ちを通じ合わせることはできてなかった。

でも今年はちょっと生き永らえたおかげでまた昔みたいな仲のいい3人に戻ることができたよね。

最後に思い出の曲を三人で歌えたってところがケントにとっては幸せなことだったかな、と思います。(書きながら泣いてる)

ケントが初めに歌い出して、トシヤが入ってきて、ユウタも最後に一緒に歌い始めたときにケントが泣くんですよ。嬉しいねえ。よかったねえ。

8日に観劇したときは、ちゃんと嬉しそうに歌ってた。

でも13日に観たときは、ぐっと涙をこらえて一瞬歌えなくなってた。

でも最後には歌声を合わせて、満足したように逝ったよね。そこが綺麗すぎて。

タッチのあの言葉、言いたくなるのわかります。

 

こっからちょっとはだれ目線?みたいな、聞く人によっては偉そうに聞こえるかもしれない話をします。気分を害されたらすみません。

4年目ということもあって、主要キャストがだいぶ自分の役に対する理解を深めて、もう一心同体みたいな感じになってるな、と思った。

千賀さんばっかり見てたので千賀さんのことをお話しするけど、ケントと千賀さんってどこか似てるところもあって。

でもきっとケントの方が千賀さんよりも自分の気持ちを抑えてる。

去年の公演でケントの情緒の流れをしっかり演じられた千賀さんは、今年はよりケントとリンクしていたように思います。

表情から、声からケントの気持ちがひしひしと伝わってくる。

くやしい、つらい、もどかしい、なつかしい、やらなきゃ、いらだち、しあわせ。

感情を抑えている中でもにじみ出てしまう気持ちが丁寧に表現されていたなーと思いました。

あと単純に声が好きすぎる。

千賀さんが演技をするときって、たぶん大切に丁寧に演じようと思って声が高くなってるんだよね。

特に病室のシーン、最後のシーンとかは千賀さんの声の優しさで泣くみたいなところある。好き。

 

 

今年は登場人物みんな人間らしさが増したかなーと思った。

ユウタは相変わらず人になにも相談しずに自分が正しいと思っていることをもくもくとやっている感じだったけど。

トシヤは去年までの、ナイフを持っているユウタを発見したけどユウタを信じてたってのも分からんでもないけど、トシヤいい人すぎかよ!悪い人にだまされるぞ!?って感じだったから、今年の方が自然で人間らしかったかな、と思う。

一幕の最後、カイトが心臓おさえるシーンで駆け寄ろうとしたユウタを阻んで「お前はもうカイトの兄貴じゃない!(うろ覚え)」って言ったシーン、ぐっときた。

あんなに温和でいつでも明るそうなトシヤが怒ったー!!!!って衝撃を受けたよ。

 

あ、でもケントは聖母みあった。

ベンチのシーンを傍で聞いてたときも、病室でカイトをたしなめるときも、真実を解き明かすためにスタジオに来たときも、最後のベンチシーンも。

千賀さんが金髪だからってことも大きいだろうし、去年までは病室のシーンでしかなかった儚い微笑みがちりばめられてたことも大きいかな。

ユウタが一人でいろいろ背負ってる事にいち早く気付いて、ユウタを信じられないというトシヤの胸倉をつかんで説得するところは男らしさがあったけど。

カイトに優しく諭すシーンはお母さんみたいだった。泣きじゃくるカイトに「来い」って優しく言って、膝で泣かせてあげる大きな愛。母じゃん。

あなたにはグローブあげるから、練習がんばりなさい。っていうの母じゃん。

でも自分の容態を省みず誤解を解きに行くのは親兄弟も女も捨てたチャンプから解き放たれて、昔3人が仲良かったころのケント自身に戻れたのかな、という感じ。

そう思うとチャンプのジムでのBOMBあたりはユウタに失望して、やけになってる感じなのかな。

ユウタとの関係も壊れて、トシヤはなぜかユウタの味方だし、自分にはもうボクシングしかないと思ってるのかも。さみしい。

ついてこれると思ってた門下生もへばっちゃうし、すごくイライラしてたのかな。

そりゃあ頭もイっちゃって舌も出すわ。雄叫びあげちゃうわ。

リングにキスしなのあたりの眉毛をあげたお顔は絶望の顔なのか?挑発の顔なのかな。

チャンプを深読みしだすとどうしても気持ち悪くなるし切なくなるしやりきれなくなる!!!

この辺でおいとこう。

 

歌とかパフォーマンスについて。なるべく時系列で。

DREAM BOYSは泣きますね。とりあえず。

今年も始まったー!!!!って感じがするので鳥肌総立ち。

今年はベンチシーンからの始まりだったから、幕が開いたら玉宮千って感じではなかったけど、ちびちゃんたちを黒幕で覆ったら玉宮千になってる演出もよいですね。

フライングはもはや貫禄出てきてる!きれいな姿勢で飛ぶなあ。

 

8日入ったとき、ユウタが試合棄権するって言ったあたりのくだりでケント、怒られた子犬みたいな顔したの。心臓にぎゅっときた。

あそこで毎回「お前は黙ってろ!」って言われるトシヤ、切ないだろうな。

ボクシングに携わってない自分はユウタとケントの間に入れないんだろうって思っちゃうよね。でもユウタのために何度も割って入る姿見てると、やっぱり3人が一緒にいるためにはトシヤが必要なんだなって思う。

 

映画撮るところの最初の上からリフト(?)で降りてくる玉様、本当に白いね。

金色のこれでもかというほど豪華な衣装の中から出てきても全然見劣りしない綺麗さ。

胸筋と腕の筋肉、とっても鍛えたんだな、と思う。遠くからでもわかるほど大きい筋肉になってるもんね。

むちむちでおいしそう。(私的に最大級のほめ言葉です)

トシヤも引き締まってなかった?8日はあんまり見てないけど、13日に新調した総z眼鏡で見たら結構引き締まってたと思うんだけど…宮田担さん的にはどうだったのかな。

あと初めてみややのギャラン様を拝みました…これが噂の…

 

星降る夜(?)のところ、歌が好きで毎回聞き入ってしまう。

とくにリカさんがハモってくるところが好きです。きれい。

女性ダンサーさんもひらひらしたお洋服着て舞ってて、私が好きな世界観。

 

今回もTHRILLERは素敵ですね。

毎回壇上にバァーンって現れるチャンプには拍手を送りたくなるくらいのかっこよさがあるし、階段で行われるJrとのフォーメーションダンスは機械みたいな動きで好きなんだけど、今年よ…!!!

女性ダンサーさんを絡め、その中心で眉を寄せるチャンプよ…えっっっっっちだな!!!!!!!!!色気大放出!!!!!

最初見たとき震えましたものね。

基本的にチャンプを双眼鏡でロック、オーーーーーン(CV北山宏光)してるので、急に女性ダンサーさんの手が伸びてきてびっくりしましたわよ。

アレ考えたのも千賀さんだったら本当に人の使い方をわかっているな。

振付のスキルもメキメキ上がっておられますね。最高。

BOMBでは千賀さんのシャドーめちゃくちゃ形がかっこいいな。って思った。

あれでは実践では使えないけどBOMB用だよね…かっこいい。

Jrくんたちに挑発的な目をしながら舞台の上手下手を広々と使ってやるの好き。

ベンチのところももちろん好き。ベンチになりたい。

パフォーマンスだけ見てるとチャンプの余裕、貫禄とかがにじみ出てるのに歌詞が「こんな僕じゃ満たされない」ってこれ以上何を求めるんだよ。って感じ。

飽くなき追求かっこよすぎ。

「傷つけてmore Body Don't Stop」って。やっぱどこかやけになってんのかな。

チャンプは守って勝つタイプのボクサーじゃない。ってリカさんも言ってるけどそれがどんどんエスカレートしていってるんじゃないかと思っちゃうよ。切ない。

そしてBOMBは音源化してくれ。少クラで歌詞を知れたの嬉しいけど悲しいよ。先にカバーが映像化されとるやん。

Fight Manはどれだけ見てもかっこいいね。ちょっと狂っちゃったお顔、よく似合うんだよね…あんなにロイヤルなのに。

最初から最後まで余すことなくかっこいいんだもん。息できない。

舌を出すのは健在でよかった。8日はべーって感じだったけど、13日はんべっって感じで長さに違いがあるのもいいですよ!!!!(誰)

最後の雄叫びは雄を感じてしまう。震える。

 

そこからのビューティフルデイズでいつも涙腺が崩壊してしまう私。

ビューティフルデイズで泣いてる人っている?私はもれなく泣いてしまうんだけども。

あの苦しいチャンプのジムからのHAPPY空間に心が絆されていくのがわかる。

みややの笑顔とザ・ミュージカルなパフォーマンス、かわいいよね。

今年は早着替えもあって、魔法が使える世界みたいで、キラキラしてるんだよね。

好きです。

 

今年はアドリブ、そんなになくてリカさんの部屋?とカイトトシヤでお話ししてるところくらいかな。

8日はチャンプチーム(らぶつん)がやってきて、「カイト、こんなところで遊んでんじゃねーよ、練習はどうした」って絡んできてからのもろみゅでコント「むかつく駅員」をやったな。「新幹線でアリーナってどこだよ!!!キスマイのコンサートでアリーナ入りてえわ!」ってのがツボった。それな。

13日はらぶつん出てこなくて、JET BOYSに「幸せ感じるときってどんなとき?」って質問だったな。

猪狩くん(13)が「食う寝るところがあることです」って言ってて、みややが「それおっさんの発言じゃん!」って言ってたのがおもしろかったな。

猪狩君の宴会部長みが少し見られて感動した。(笑)

 

チャンプが客席登場するとき、8日はなぜかすっごい楽しそうだったの。ニヤニヤ笑ってて、ユウタとこれから試合ができることの高揚感が伝わってきた。

13日はそうでもなかった。ちょっと固い表情してた。ステージ上がってから安井くんがチャンプに触れたのかな、「ん?」みたいな顔してて可愛かった。

ボクシングシーンのチャンプは余裕を感じられて、あそこの不敵な笑みを見なきゃドリボじゃない!って思っているので今年も見られてよかった。

頭が痛くなるところ、今年すごいエロかったんだけど何?(知らん)

苦しんでるチャンプの色気がたまらなかったです。すみません。

ふらふらしながら気合で立ってパンチを繰り出すのはやっぱり胸が苦しくなる。

なんでそんなにがんばるんだよ、って思うけどチャンプのプライドと久しぶりのユウタとの試合、めいっぱい楽しみたいっていう男の子の心なのかな。

チャンプが倒れた後、みんな「チャンプゥ!!!」とか「おい!!!」とか言ってるのに、ちょっと静かになったところで誰かが「大丈夫か!!」って言っててフフッってなっちゃった。

あそこってきっとアドリブだろうからその子も必死なんだろうけど大丈夫じゃねえよ。って思った(笑)

 

今回はらぶつんがチャンプチームだから去年ぼこぼこにされてた萩谷くんも今回はぼこぼこにする側で。ああっよかったね!という気持ち(笑)

でもぼこぼこにされて「ちくしょう…」って言ってる萩谷くんがかわいくて好きでしたのでちょっと寂しい。(笑)

ドリボになると萩谷くんめっちゃ気になる。

13日髪の毛染め直して来てて、グレーアッシュになってたから好きだった。

暗い方が似合うよー!!!!断然こっち派です。

 

仮面のシーン、何度見てもわからん。すごいな。

Crazy My Dreamに入るときのおたまもりの出現、どっから来るんだろうと思って後ろとか見てたら原始的な方法で入ってきて驚いた。

隠れ蓑術みたいな感じで、黒い布を持って後ろから歩いてきてた。目のとこだけくりぬいてあって。なんだか裏側を見られて嬉しかった。

クレドリのおたまもりは苦しそうで、おたまもりの辛そうな顔見ると演技だったとしても苦しくなる。

おたまもりの腕を振り切る振り好きだよ。

あそこのJrと女性ダンサーさんの謎の赤いライトの演出、何回も見てるとくせになってくるね。

真正面から見ると千手観音のパフォーマンスみたいできれいなんだけど、一番初めの観劇のときしか正面あたりにはいったことがなくてなかなか見られない。貴重。

 

何もかも引き受けてやるユウタのとき、今年は萩谷くんはヤスイのことを案じていたのでニヤニヤしてたか確認できなくて悲しい。気になる。

あれ普通にやってるけどどこまで飛び降りるんだろう。こわすぎ。

その前のトシヤの「お前はもうカイトの兄貴なんかじゃない!」で悲しすぎて、号泣してしまった。

あれだけユウタのことをかばっていたトシヤがナイフを持ってるユウタを見て、混乱しちゃって、信じられなくなっちゃったことが悲しくて。

あれだけ温厚で俺が悲しい顔しててもしょうがないって明るい歌を歌ってたトシヤが怒ったことが驚きで。

幕間になったときも隣の千賀担さんと一緒に「トシヤが激おこ~~~~(;;)」ってしばらく泣いてた。

 

今回の玉様の大技、えびのGreat5のパフォーマンスみたいだな、と思った。

ただ、空中で反転しなきゃだから腰にすごく負担がかかるだろうと心配になった。

毎年、次は何するの、もうおたまもりは大技がんばらなくてもいいのに、と思ってるから今年も不安でたまらない一場面だよね。

 

マダムとリカさんとユウタの胸に刺さった棘が抜けない歌、好きだけど後ろのスクリーンのライトが目に痛い…双眼鏡で追ってると目をやられそう…

宝塚の方は宝塚のキレがあるなあと思ってる。優雅なキレ。

 

みんなの告白のシーン、チャンプのアシストによりするすると自白していくみんな…

名探偵ケント…見た目は平気、脳には傷…(TT)麻酔銃打つから手術して…

 

和解からのドリボ組曲。みんなでダンスは平和の象徴…?

よくわからんけど千賀さんの腹チラがたくさん見られて眼福でした。

千賀さんのトップスぴっちぴちじゃない?

ユウタを取り巻く周りの人とのダンス、それぞれの関係性を表しててよかったです。

ケントと手をがしっと握り合うところが胸アツ。

でもそこでニヤニヤしてたおたまもりと千賀さん。おい。かわいいかよ。

あの二人は普通に顔を見合わせれんのかしら。かわいい。

ロイヤルな舞をしてると、衣装がたとえジーパンでもロイヤルな雰囲気が醸し出されるよね…腕を上にあげてターンするところたまらないんだけど。

 

そのあとのベンチシーンですよね。

たまらんっすよね。

さっきも書いたけど、去年まではベッドの上で一人で口ずさんで逝っちゃうっていうケント担には切なすぎる最期だったんですよね。

今年は三人で絆を再確認してからの最期だったから。

ケント的には本当によかったんじゃないかと勝手に思ってます。

トシヤも「この歌、また三人で歌うの夢だったんだぁ~」みたいに言ってなかったですっけ。(記憶改ざんしてたらすみません)

そのときのケントの嬉しそうな顔。涙でぼやけましたけど!

ケントが大切に大切に歌いだしをして、トシヤが入ってきて、ケントがトシヤを見上げて、そこにユウタも入ってくる。

こんなに幸せで尊い空間、ほかにありますか!!!ない!!!!

同じこと書くんですけど、13日はケントが感極まっちゃって一回ぐっと歌えなくなったんですよね。

去年も病室で声が震えちゃってたし涙をこらえてたんだけど、今年はそれとは違った意味の涙だよね。

歌い終わってトシヤとユウタがはにかんでるときにケントはもう息絶えてて、そっとユウタの肩にもたれかかってくるんだよね。

「?」ってなるユウタだけど息してないことに気付いて一回焦るけど、トシヤが「ケント!ケント!」って動揺してるときはもうなんというか、静かに見守ろう?みたいな感じでトシヤをたしなめるんですよ。

なんなんだ今年のユウタとケントの絆!!!強すぎ!!!!!

ケントは死んじゃったけど、綺麗で良い終わりだったと思います。

花がストーンと落ちてくるんじゃなくて、羽が舞って絵面もキレイ。

親兄弟、女も捨ててチャンプになったケントも、最後は昔の絆、いや昔よりも強い絆に包まれて、親友の側で逝けたのは嬉しかったんじゃないかな。

 

今回お話が変わって、千賀さんの見どころも増えたし、見やすくなったし、嬉しかったです。

毎年最高を更新してくれる玉森座長のDREAM BOYS、大好き。

また見たいです。よろしくお願いします。(言霊!!!)

 

追記。ショータイムのことに全く触れてなかったや。

嫌だったとかではなく!忘れてた!

でもショータイムにひとつ言いたいことがある。余韻に浸らせてくれ。

千賀担切り替えできないよ。

ベンチシーンで号泣、カイト歌でちょっと落ち着く、

ユウタ出てくる「天国のケントに高く打ち抜け~~」号泣。の流れジャン。

そこで「今からショータイムだよぉ~☆みんな楽しんでね~☆」とか言われても…!

席から動かんから5分休憩ください…

 

AAOはJrとわちゃわちゃする千賀さんかわいい。安井くんときゃっきゃしててかわいい。

エビバデのときにちらっと上の方見てくれたね。

からのむちゅーでおたまもり、かわいい…

じっくりあの振りを見られたのは嬉しかった!

やっぱり「決めたんだ」のとこの振りかわいい!

からのレリバン、息する時間さえもったいなかったから息してたか分かんないや…

女性ダンサーさんを引き連れてセンターで踊る千賀さん、かっこいいしかない!

選曲も最高だしありがとう千賀さん一生ついていきますといった気持ち

千賀さんはみややとは違うところでオタクの心に寄り添ってくれるね。

というかなんていうんだろう、やっぱり千賀さんの魅せたい千賀さんは千賀担の見たい千賀さんなんだろうな。って感じ?

千賀千賀うるせー文章ですね。でもそんな感じなの。

千賀さんは寄り添ってはない、自分の好きなようにやってくれたらそれでいいのが千賀担なんだ!

からのモテたいぜ~~~~キュートにはさむレリバンのスパイスたまらん~~~~

モテたいぜの演出めちゃくちゃ好き。リボンうまく使ってるわ…

みややが持ち上げられるあたりで泣いた。

やっぱり私はキラキラしてるみややに弱い。

あと最後に祈ってる長妻くんかあらんちゃがすっごかったの。どっちだか忘れたけど

頭振り乱して祈ってて笑った。

Gravityは三人だとダンス控えめになるからちょっと寂しいけどドリボの醍醐味、おみつパートを千賀さんが歌う北千厨にはたまらない案件!

てか千賀さんのおみつパート、チャラさが甘い声とマッチしてよくない?よいよね!

「次のsta'G'へ」のところとか最高。キスマイ楽曲でもそういうところに千賀さんを使ってくれたらいいアクセントになると思うの…今後に期待。

 

Love-tuneの新曲やばい。輩感っょぃ。。

本編中にも流れたけど、あの時もスッと入ってきたけど違和感なかったし、好きなタイプの曲だわ…早く少クラで流してくれないかな…

「ロ~シアンルーレットーで~」ってところが好きです。

えび大阪でやってくんないかな…ヘイ!って言いたい…

合いの手厨の血が騒ぐ…

かいちゃんのソロダンス、玉ドリボが終わったらレンショウカイトドリボが始まるんじゃないかってくらい圧倒的な魅せる力があって。恐れを抱いたわ…

一瞬も歌わないのにおたまもりのサバイバー的なオーラがあった。

すっごいわ…

そして最後のEndless Road…これでドリボが終わると思うとやっぱり涙が出てきた。

でも悲しさはなくて、すがすがしい気持ちで終われるのがドリボかな。

この素晴らしい舞台をまた見せてください。

 

玉森座長のDREAM BOYS、大好き。(2回目)

何回でもいう!!!大好き!!!!

はやりに乗る(バトーン)

みーんなやってるこちらのバトン。

FC2時代に死ぬほどやったバトン文化が復活しかけてることがうれしくて便乗。

ちょっと流行りはすぎたけれど。

okometokaraage.hatenablog.

 

じゃにーずおたく自己紹介ばとん

【名前】ふもです。

ツイッターの方では千賀担にはやりの夏みかんちゃんオプションがついておりますが

基本形は「ふも」です。たまになぜか「もふさん」と間違えられる。

 

【今の担当は?(複数可)(推しでもどうぞ!)】
名前:千賀健永さん
好きなところ:顔、熱くてまじめで素直で天然な性格、ファンを大事にするところ

       というか全部好きだけどね!!!
担当になったきっかけ:簡単に言うと舞祭組出です。

細かく言うと舞祭組ってグループがジャニーズにいることを小耳にはさんで、ジャニーズもそんなことする時代なんだ~(以前はアンチジャニーズだった)と思っていたところに、年末のテレビジョンを見たの。年末の特別版にはジャニーズが載ってたな~舞祭組の人見てみよ~って見たら一目惚れでした。顔です。千賀さんの顔が私のドストライクの顔だったの!!!!

なんでその時のテレビジョンとっとかなかったんだろう。

そのあと、ツイッターで「舞祭組の千賀さんって人かっこいい…」って言ったら当時よく絡んでたコスプレの友達もちょうどはまってたみたいで、画像をめっちゃ送られたりエピソードとか聞いたりして興味がわき、年末年始の特番でYOUコントやっちゃいなよとかキスブサ新春SPとかやってたんで人が変わったように見てドはまりしました。めでたしめでたし。(長い)

 

名前:五関晃一様

好きなところ:踊ってる時の姿、佇まい、猫っぽいところ、ライブ中楽しそうなところ

担当になったきっかけ:ライブで落ちました。

宮田担で、えびが気になりだした子がいて、その子と一緒にライブに行ったんですね。

(2015年アリサマコン)

そこであのパフォーマンスですよ。落ちるしか。

 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

2013年の年末から?2014年の年始から?そのあたりです。

 

【担当遍歴】千賀さん→→→→→→→→→→

          【追加】五関様→→→

担当じゃないけど勝手に推し制度も自分の中で作ってる。基本DDだけどJrのイチオシはあべちゃん。

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

ニカ千は尊い。概念。シンメだったら圧倒的ニカ千。言葉はいらない。尊い。

コンビだと北千。熱い。グループの最年少最年長なのに仕事に対する熱量が一緒で、熱く語れるところがだいすき。そして歌声も似てるしお互いダンスの方向性が一緒だと思うから、ぜひ一緒にパフォーマンスを…!!!

あとはあべさくがかわいい。

 

【1番心に残ってる現場】これはな~~~~う~~~ん…どの公演も思い入れがあるけど、

A.B.C-Z Early Summer Concert 代々木公演初日かな~。現場で担降りしたのってすごい衝撃だったし、単純にこのコンサートがめちゃくちゃ楽しかった。たくさん笑ってたくさん泣いて、感情が揺さぶられるけど幸せなコンサートだった。

でも今年のKis-My-Ft2 I SCREAM 東京公演もとても思い出深いというか。いろいろあったので。

はじめてのチケットドタキャンとか、ギリギリアリーナ譲とか、メンバー誕生日公演とか、最強のニカ千とか。すごい記憶に残る2日間でした。

 

【初めて行った現場】Kis-My-Ft2 Kis-My-Jouney初日

このときはジャニヲタ1年生で右も左も分からずファンクラブにも入ってなかった私を、高校時代のクラスメイトがアリーナに連れてってくれたのよね…このコンサートも思い出深いよ。

人生初のコンサートという場所だったから音の大きさ、人の多さ、アイドルが生きていることとかすべてに驚きだった。

 

【最近行った現場】DREAM BOYS

この舞台は何度見てもいい。3年目の観劇だけれども新鮮に好きな気持ちが産まれる舞台です。

なんたって自担が一年で一番気合が入るときだもの。

めちゃくちゃかっこいいし本来千賀さんが表現したい自分はこうなのかな、って愛しくなる。

また感想書きますけど、今年のチャンプはすごく健気で聖母のよう。

 

【次行く現場】DREAM BOYS。明日行きます。

私的楽というか、今回2回入れたことがありがたいことなので金髪チャンプ、目に焼き付けてくる。

 

【記憶に残ってるファンサ】ジャーニーのとき、一緒に入った宮田担の子が作ってた、自称ファンサがもらえる「ピースして」うちわを持っていたらほんとに千賀さんにピースしてもらったこと。

アリサマコンのときに五関様が目の前に来たから「五関様!!!」って言ったらマイクを持ちながら手をひらひらさせてくれたこと。皇族かと思った。

同じくアリサマコンのときに阿部ちゃんが目の前に来たから呼んだら両手で手をぶんぶん振ってくれたこと。

 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

・渚のBack in your heart これは私の知ってる曲の中で一番好きな曲といっても過言ではないです。

五関様の焦がしキャラメルボイスで「好きだよ、痛いほど」ですよ!?切な死ぬ

そういえば今年のコンサートに入ったとき、目の前でこれを歌い始めたときはどうにかなりそうでした。

・Fight Man これはね~~希少価値もあります。ドリボのときしか聞けないレアさ。(音源化して)あとこの時の千賀さんのすべてが挑発的な姿!!!!最高!!!!!

舌出してくるんすよ。雄叫びあげるんすよ。震える。

・選べない。キスマイの曲っていい曲ばっかりだし、えびだっていい曲ばっかりだもの。

キスマイのソロはみんな好きだし塚リカちゃんもとっつーのソロももちろんれみしゃも好き。はしもの今回のソロもおしゃれで好き。

 

【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

・My Love ダントツ一位!!!!!!!麗しい!!!!!しっとりしたキスマイって結構珍しいから希少価値。あとこの曲は千賀さんが甘い声で歌うのもいいですね。最後のジャケットをふわっと放す仕草すら美しい。

・Gravity チョーカッコイイ集団Kis-My-Ft2。一列になるところ、本当にきれいに一列なんだよ。

・メクルメク とにかくHAPPY。今からショータイムが始まるよ!っていう、えびにしかできないテンションの振付。

 

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

そんなんDouble upとGet Readyに決まっとる。

尊いニカ千の引き立て役になりたいし最前(真後ろ)で見たい。

ドМだからFly a Flagもやりたい。えびらぶも楽しそう。

 

【1番好きなペンライト】持ってないけどえびのTwincleコンのときの魔法少女みたいなやつ。

持ってるやつだとキスワのが一番かわいいかな。

 

【1番好きな衣装】キスワの最初のメンカラ衣装。

えびだとアリサマコンの一番最初の衣装。ワッペンみたいなのかわいい。

 

【よく買う雑誌】一時期ぽぽろたんが大好きだったけど最近はそうでもない。

WUの映りが好きで買うかな~。そのときどきですね。

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】そりゃあ逢えるでしょーのExit。

あとFOLLOWかな~。キスワのエタマイもいいね。

えびだとGreat5かな。ほんとはジャニワのG5のが好き。

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】二次ヲタ。コスプレしてました。

 

【最近気になっている子】あべあらん。顔がめちゃ綺麗。

あと美勇人くんはわりと前から気になってる。萩谷君もかわいい。

去年のドリボで萩谷くんが笑いをこらえてるように見えてから気になってしょうがない。

というからぶちゅーんか。新曲いいですね!!!!

 

【最後に一言!】わりと一生千賀担でいたいなって気持ちです。

今変換したら痛いなって出たのでパソコンバカ野郎その通りだわ。

キスマイが大好きだし今後にも期待しかない。

えびは正直ゆるく見守りたい存在かな。私は育てる趣味はないみたい。

だからJrにもはまらないようにしてるしDDなんだな~。って最近思います。

でもDDも落ち着いてきたよ。(現場が)(お金ない)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とりあえずGet Ready

とりあえずビールみたいなタイトルで失礼します。

I SCREAMツアーお疲れ様でした。

キスマイもすのーまんも他ついてくれたJrも、参戦されたみなさまもお疲れ様でした。

何事もなく無事に終われてよかったですね。

あっ個人的には何事もなかったわけではないんですけど。

この話は別でしましょう。

 

今日はツアーの中でも愛しの自担のソロ、Get Readyのことについて書きたいと思います。

途中まで不快かもしれないですし、自分でもなんかよくわからないので、ちょっと注意です。注意書きすら意味がわからなくてすみません。

繕うことなく思ったことを吐き出しておきたくて。

 

 

MV見たとき、かっこいいよりも先に「はぁ~かわいいなあ」という感情が。

感想を見てたらみんな口々に「かっこいい」「キレッキレ」と言っていたので私はそんなにけんぴのモンペになってたのかとうろたえました。

でも冒頭の車乗って登場して、車から降りるまでのところ微笑ましくなかったですか!?というか面白kいやさすがに叩かれるか。

千賀さんのやりたいことがまさに千賀さん!って感じで、最初の時点でわかる~~~ってなってました(語彙力の死亡)

 

でもダンスがメインになってくるとやっぱりかっこいい。

あと私の気のせいかもしれないですけど、各所で評判のよかった仕草、詰め込んできたのかな。って感じ。

二番の「もう気づいてるでしょMy Love」のところとか。

見せてほしいものを見せてくれる理想のアイドルですわ。そういうところも好き。

あと歌がうまい(小学生か)

カラオケで歌うとわかるんだけど、めちゃくちゃ大変な曲なんですよ。

ゆったりめだから楽だと思うでしょ、千賀さんが楽々歌ってるから楽だと思うでしょ。

違うんだよねえ。千賀さんの喉の強さを感じたわ…

音程もふわふわするし息つぎどこでするの!?って感じ。

これを歌って踊る千賀さんすごいな。

 

メロディのことなんですけど、初めて聞いたとき終わると思ったところでなかなか終わらなくて千賀さんっぽいなと思ったんです。

最後のところ、素直に終わらずに伸ばしちゃったりこちらに語り掛けてきたり。

まだ離さないよ、俺だけ見て、かっこいいでしょ、聴いてってぐいぐい来る感じ。

好きです。

 

たくさん聞きこんでMVもめちゃくちゃ見て、これは千賀さんと千賀担の曲♡みたいなクソ重メロヲタな気持ちでライブ行ったんです。私の初日は大阪二日目でした。

広いドームでひとりっきりでパフォーマンスする千賀さんと、青に染まったドームが見られる。ドキドキでした。

 

でも途中で入ってくる赤い人がいたんです。

何もレポ見ずに行ったので、「ハ!?おみつ!?また茶々入れに来たの!?さすがに今回はやめてくれ」って思ったんです。

そしたら二階堂さんじゃないっすか。

正直突然の乱入者にいやな気持ちになりました。

千賀さんのソロなのに、一人でドームを沸かせられる実力があるし、そんなパフォーマンスをしてくれると思っていたから。

んで次に「ニカLOVE キスマイYES♡」って言ったんです。

えっさっきまでめっちゃくちゃかっこつけてたしかっこよかったやん!?!?!ん!?!?って動揺しました(かわいかった)

それからは何事もなかったように踊り出すし歌いきるし、最後の「Right now」はかっこいいし、感情がわけわからない状態でした。

私はどう処理をしていいかわからなくて。

私はニカ千が好きです。好きなんですけど、それ以上に千賀さんが一人で踊るということが大切すぎて、最初は耐えられない気持ちになったんです。

 

大阪三日目はわかっていたこともあって、だいぶ落ち着いた気持ちでは見られました。

その日は千賀さん、「ニカ、ありがと」と言いました。なにがかな?と思いました。

周りはニカ千に沸いているし、楽しそうだし、沸けない私がおかしいんだ、と思ってにかちゃんが出てきたところはおいといて、Get Readyかっこよかった。という感想だけ抱いておきました。

そのあとの月曜日はUSJに行って、楽しい気持ちで帰路についていたころにキスログが更新されました。

なんというか、ごめんねというか、自分の理解が足りてなかったというか、千賀担失格だなって思ったんです。

千賀さんも他のソロに出ているし、結構好き勝手やっている。

でもそれをあーだこうだ言う人はいないしみんな楽しんでいるし、なにより依頼されてやっていることなんだよね。

今回のニカちゃんも千賀さんに依頼されてステージに立ったんだものね。

それを何だよ、一人でやってほしかったって。

なんか情けなくなったなぁ。

千賀さんがニカちゃんのことをライバルで兄弟みたいで、負けたくない相手って思ってる事。めちゃくちゃ意識しているけどニカちゃんのことを認めてることを知ってたはずなのにな。言われないと気付かないのってとろいなー。

ひとしきり一人で悲しくなって、何回もキスログ見て、泣いて、切り替えが早いことが自慢の私なので名古屋公演のときにはそこでバッチリ沸いてましたけど。

 

公演を重ねるごとに重くなっていく千賀さんの言葉、予想をしつつ楽しみにするくらいにはこの演出が好きになってた(というか慣れた?)んですが、予想をするだけ無駄だよ!と言わんばかりに毎回斜め上を行く言葉を発せられて。

千賀さんには驚かされてばかりだし、そういうまっすぐなところが好きだな。

 

でも東京公演、というか二階堂さんの誕生日のときは度肝を抜かれたわ。

そんな言葉をお友達(なんて軽い存在ではないと思うけど)に言うなんて現場に初めて遭遇したわ。

でも不思議ですね、そんな現場に遭遇して引くとかせず号泣しちゃったんだもの。

ドーム中のキスマイ担が「ニカ千尊い」ってことに気付いた瞬間だったな。

その日のレポ、ニカ千尊いしか流れてこなかったものな…

次の日はどんなことを言ってくるかと思ったら言わせてくるしな。

ほかの方のレポ見たり、思い出すだけで泣けてくる事柄って人生でそう何度も出会えるわけじゃないと思うから、そんな状況をくれてありがとうという気持ち。

 

千賀さんには驚かされてばかりで、いつも自分の思ったことに素直で、見ていて本当に飽きないしかわいいなあと思う。

これからは千賀さんの、キスマイのやることは全部肯定していくスタイルで応援していきたい。彼らを信じていきたい。

間違ってることなんてきっといっこもない。

自分のやりたいように、私たちファンが喜ぶように、って考えてやってくれてるんだと思うから。

私の応援スタンス!

今はやりのやつ!やりたかった!

cori0922kw.hatenablog.jp

 

ルール。私はそんなにルールは決めてないけど、かけもち二年目、DD二年目にしてそんなに給料が高くない地方住みの私はここいらでルールを決めたほうがいいと思うから書いとく。

 

 

担当:Kis-My-Ft2千賀健永、A.B.C-Z五関晃一

 

 

▼雑誌を買う基準

前はばかばか買っていたがお金が無い。

そしてハマったころは千賀さんさえかわいければ買ってたけど、今はみんながかわいくないと買えないから買えない。

文章が大変良かったら買ってしまうしメンバー同士の絡みがかわいかったら買う。

 

 

▼CDを買う基準

キスマイから入った人間だから形態が多すぎてわかんない!映像入ってるやつは全部買えばいいんでしょ!?ってなってる。

実際千賀さんはどの盤でもわりと活躍しているし、かわいいから買って満足。

暇人なのでわりと見返すことも多いし、忘れっぽいから毎回新鮮に「かわいい~♡」って沸けるから幸せな脳だよ。私みたいな人は全形態買ってもよい!

通常盤は借りればいっかな。キスショ盤(今後はあるかわかんないけど)は曲が多かったり個人コンテンツが多かったら買おう。

えびのほうは正直MVだけでもいいかな。五関様そんなに活躍はしないし。

ダンシング五関先生様の入ってる盤だけ買います。

 

 

▼映像作品を買う基準

内容だよね。ライブDVDは絶対ブルーレイ買う。

思えばジャーニーもキスワもDVDブルレイどちらも買っている…

キスマイは特典映像が豊富なのが困るし嬉しい!そんなん買っちゃうじゃんね!

我慢が出来ないやつだから買っちゃう。

えびはそういうことしてこないからメイキングとか裏側がスッと終わる。

それが寂しくもありありがたくもある。もうちょっと貪欲に行ってもいいのではぽにきゃさん。

ドラマとか舞台とか、これからたくさん出てくれたら嬉しいし買いたいなあ。

舞祭組男はもちろんブルーレイで買いましたわよ。だって東京03さんが監修のコント仕立てだったし。

好き×好き=最高のドラマだったな。千賀さんかわいかったし。

 

 

▼現場に行く基準

▼遠征する基準

わりと田舎に住んでいるので名古屋以外は全部遠征。

でももう感覚が麻痺してるので東京大阪は近いところ。福岡は遠征。

でも距離的には全然近場じゃないから遠征ということで。

行けるだけ行く。これは譲れないところ。

なんか本当に無理な予定が入らなければ東京大阪名古屋は行く。(チケットがあれば)

福岡はちょっと去年懲りたからもう行かない。

名古屋から一緒に遠征できるような人が見つかれば一緒に行きたい。でも道中一人旅は切ないからやだ。

DDな私ですが他の子の現場にはいかない。

すのはちょっと気になっているから一公演だけかけてみて、奇跡的に当たったらいくスタンスで行こうと思う。

少年たちはそんな感じで入ったから、本当は増やしたかったりしたけど、ほら、怖いジャン…積みたくないし。

 

 

▼グッズを買う基準

コンサートはペンラとパンフとうちわと自担フォトセ!

うう~~~って思うビジュアルでも買う。

千賀さんには売り上げ還元したいし、五関様は同じ表情じゃ~~~んって言いながら買っちゃってる。

舞台はパンフレットとフォトセ。

フォトセはわりと尻軽にいろんな人の持ってる。

かわいければ買うんだよ。

ポスターはいらない。貼れないもの。

 

 

▼ジャニショで写真を買う基準

ビジュアルと写真の明るさと目線。

コスプレイヤーやってたから明るい写真じゃないと嫌だしボケてたりピントが合ってなかったりあえての目線はずしじゃない、明らかに不意打ちで撮っただろみたいな写真はいやだ。

おじゃんぷウェストの写真はとってもうらやましい!!!!!

写真もDDだからいろんな子の買っちゃう。

この間は前田くんの買っちゃってた。

 

 

録画を残しておく基準

これ、元記事の人はやってなかった質問(というか他の記事であるのかな?)だけどやる。

とりあえず音楽番組はできるだけ残しておきなさい。

その番組によっていろんなカメラワークがあるし、ちょっとずつ違うから楽しい。

バラエティはどちらでもいい。

スイッチはワイプのやつはどうせ見ないし、編集してしまえばいい。

そんな感じ。

 

 

おわり。追えるだけ追おうね。

疲れたらちょっとペースを落としましょう。

CDとかは急いで買わなくても、地元のほうなら残ってるよ。(悲しい)

ゆるっとDDして、節約できるところはして、楽しもうね。

千賀さんだいすき

ど直球で恥ずかしいタイトルですが、千賀さんの10000文字インタビュー読みまして。

本当にこの人を好きになって、応援できて幸せだなあと思ったわけです。

そこでちょっと私なりに感想を。

ネタバレだいぶ含みますのでお気をつけを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このくらい下がれば大丈夫かね。

 

まず表紙(?)のアオリ文。

「クソがつくほどのドM」ってところに「!?」ってなる。

編集部にそんなこと思われてるの!?って思ったら、本文で本人が言ってたわ。

千賀さんってたまにめちゃくちゃ言葉遣いが悪いときある。

それも年相応の男子みがあって好きなんだけどね!

 

全体を通して思ったことは、千賀さんは素直でまっすぐだよね、ということ。

それと意外と自分のことを客観的に見てるんだな、ってこと。

本文を読んでて、「そうなの!?」って思うことはほとんどなかった。

大半を「そうだね、うんうん。わかる。そこ気づいたか、大人になったねえ」って思いながら読んでた。

(ド新規若造が何を言ってんだってのは承知の上です)

舞祭組結成当初の気持ち、スノドで初披露したときの気持ちとか詳しくじっくり言ってもらえて、よかったな。

自分のファンのことをすごく理解してるし、自分がどう、とかでなくファンがどう思うかってところで葛藤してくれてたことは知らなかった。

でもしっかり千賀さんの中で気持ちの整理がついているんだったら私たちも「こんな仕事は千賀さんには不要だ」と思わずに自担が頑張ってる姿をひたすら応援していくべきなんじゃないかと思いましたわ。

千賀さんが中居さんを信じてやりきる気持ちを作ったんだから、ファンも千賀さんを信じて、舞祭組の先にある輝かしい千賀さん、キスマイの活躍を待つしかないんじゃないかって。

 

いつもスイッチの千賀さんを見て、孫のようにかわいいかわいいと愛でている私ですが、なんだかそのスタンスが申し訳なくなってくるくらいしっかりグループのことを考えてみえる、男性だった。(さっきと言ってることが違う)

でもなんでもそつなくこなすアイドル、芸能人が多くなってきた中でしっかりしたところを見せず、かわいいかわいい守ってあげたいって言われるような振る舞いをしてる、ってところは十分キャラだと思うけどなあ。

キスマイの中では出せなくても、外で出せるようになってきた(というか自然に出てきている?)のと、出せる環境があることはとてもいいことだからスイッチさんありがとう。

でも千賀さんが今後目指すのがヒールキャラってんならまた厳しい道を行くことになる…のかな?

(ちなみに無知な私はヒールキャラの意味を知らなかったのでググりました、悪役という意味なんですね)

きっと千賀さんならただの嫌なやつ、ってだけではない、なんか生意気だけど憎めないキャラ、ってところまで行けると思うので、ぜひとも頑張って欲しいところです。

だって実際ナカイの窓でそんな感じだったじゃん。

思ってることバシバシ言って、失礼だろ、って思わせておいてしっかり本音を言ってみんなが守りたくなる空気感を出してたでしょう。

あれを見て「千賀ちゃんって良い子だね」って言ってくれた人がたくさんいたから、このまままっすぐ突き進んで欲しいです。

千賀さんが思ってることはすべて正しいわけじゃないのかもしれないけど、一人じゃないから軌道修正もいくらでもできる。

若い今のうちにたくさんもがいてください。不安なんて無いです。

 

メンバーとの関係も素敵だなって思った。

おみつとも、千賀さんが大人になって受け入れられると思ったからこそもっと歩み寄れたのかなって思うし。「いつもうれしいよ」っていうのたまらんね。

あと感謝も謝罪も尊敬も、素直に口に出すところはおみつを絆していくと思うので、これからも続けていってほしいな。

最年長最年少だけど関係なくズバズバ言っていくキスマイだからこそ好きだしいいパフォーマンスしてくれるんだなーと思うもの。

ガヤさんとは、今はあんまり喋ってないけどセンスが似てるんだろうな。って思う。昔から結構言ってることだなって。

お玉森とは、よく「一番近くで見てきた」って言うけど、それってみややじゃないの?って思ったりする。でも千賀さんはお玉森に寄り添った気持ちでずっと見てきたのかなって思うといろいろ思うところがありますね。(思いすぎ)

玉森にライバル意識を持って欲しい、みたいなのが言葉の端から見える気がする。

俺もこんだけ見てんだからお前も意識しろ。みたいな。

まさにユウタとケントかな(ドリボ脳)

こういうインタビューでは全くみややを貶めないのも千賀さんだけかな、って思う。

他のメンバーももちろん宮田には感謝してる、って言ってるんだけども、どこかにスベるのはやめて、とかっていう貶しが入るのね。

今回のインタビューはそれがなくて気持ちいい。

千賀さんは本当にみややに優しくしてもらっていて、甘えてるんだなって思った。

横尾さんに関しては、保護者か上の立場の人か?!みたいな目線なのが面白い。

ニカに対しての千賀さんは、前よりガツガツしてなくて、お互いを尊重してるみたいなのが大人になってきているのかな、という感じ。前だったら絶対負けたくない!ってなってたところが違うもんね。ニカの10000字も楽しみ。

 

キスマイ全体を「おうち」って表現したのも独特な感性で好きなところ。

最年少ながら意外と冷静にメンバーのことが見れていて、みんなこどもなんです、って言っちゃうの、すごいよね。

 

まっすぐで綺麗な千賀さん、これからもいつまでも野心家で上昇志向でいてください。

飽きさせてこない千賀さんがだいすき。

 

いつでもべたべたしてるわけじゃなくて、駄目なところはだめ、いいところはいいって言えるキスマイだからこそ好きだよ。